アトピーは不利じゃない!自分がやりたい仕事をするための工夫

流産を何度も繰り返す原因について~偶然という可能性もある~

  • TOP
  • >
  • 子宮内環境の重要性

流産を経験した女性に知ってほしい~原因を知ることが出産への近道~

女性と赤ちゃん

流産を経験することは非常に辛いことだといえます。一度流産を経験したら、その経験が精神的に悪い影響を与えることがあるのです。そうなると、次の妊活にも悪影響を及ぼす恐れがあります。ですから、知ることによってその悪い因子を取り除くようにしましょう。

2回の流産は「反復流産」と呼ばれる

2回連続の流産を反復流産といいます。この反復流産が起きてしまった場合、3度目の流産をする確率は、23パーセントもあるのです。23パーセントという確率は高いため、気をつけたいところです。胎児が流産する原因は必ずしも母体にあるという訳ではないため、罪悪感に苛まれないようにしましょう。胎児が染色体異常を起こし流産することも、この23パーセントの確率に含まれています。ですから、必ずしも反復流産の原因が自分だけにある訳ではありません。

反復流産の原因の違い

反復流産が起こってしまう原因は、大きく分けると2つあります。ここでは、その2つの原因について紹介していきます。

偶然
何か問題が起きた際に、その原因を考えるのは自然な反応です。しかし、何かと理由をこじつけてしまう点は、場合によっては良いことではないといえるでしょう。信じがたいような偶然の出来事が起きることもあります。流産を2回連続してしまったという場合でも、偶然という可能性が十分にあるのです。ですから、原因が自分にあると嘆かないようにしましょう。反復流産をする確率は23パーセントですが、その内の半分以上は胎児側にあるとされています。偶然胎児に染色体異常が起きることで、流産する可能性が非常に高いということを覚えておきましょう。
不育症
習慣流産や反復流産、または早期新生児死亡などを繰り返すと不育症と判断されることがあります。不育症の原因は、抗リン脂質抗体症候群や両親のいずれかが染色体異常などがあります。このような原因以外にも、不育症の原因はあります。しかし、流産をした時などに、流産をした原因が分からないことも今だにあるのです。流産を繰り返さないためには、これらの原因を突き止めることが必要といえるでしょう。

不育症は治療で妊娠の成功率が上がる

厚生労働省の統計によると、不育症で何も治療をしなかった人でも、70パーセント以上の人が次の出産に成功しています。また、不妊治療をした人だと、80パーセント以上の人が出産に成功しているのです。不妊治療をすることで、10パーセントも成功率が高まっています。少しでも、出産できる確率を高めるためにも、避妊治療は必須だといえるでしょう。

病院の治療で妊娠できた人の声

流産を繰り返す人は不育症だと診断されます。ここでは、実際に不育症を克服した人達の声を紹介するので参考にしてみましょう。

出産までは不安で一杯でしたが、不育症の治療と妊活で無事生まれました!(30代/主婦/女性)

流産を2度経験しました。後に、不育症であると検査で判明したのです。ですから、妊娠することが怖くなっていましたが、不育症の治療を受けることで、恐怖心が和らぎました。そこから、一生懸命妊活をして、出産に備えたのです。出産するまで不安で一杯でしたが、何とか出産できたのでとても嬉しかったです。

不育症の治療を続けたおかげで40歳にして子どもを授かりました。(40代/主婦/女性)

環状線ホルモン低下などが原因で、不育症と判断されました。不育症だと、子供が産めないとのことだったので、すぐに治療を受けるようにしたのです。不育治療を受け続けたおかげで、40歳にして、子供を授かることができました。不育症の治療は辛いものでしたが、赤ちゃんの顔を見た瞬間から良い思い出へ変わりました。

病院に行けば解決することもある

病院のイラスト

これまでに何度も流産を繰り返しているというのであれば、一度病院へ足を運んでみましょう。流産を繰り返すことは、精神的に非常に辛いものだといえます。また、その経験をした事実が、罪悪感へ変わるので、精神的にも良くありません。病院で、流産をする原因などが分かれば、精神的な負担も少しは減るので楽になることでしょう。

流産の確率を減らす子宮環境改善~赤ちゃんが育ちやすい身体になる~

子宮内環境を改善することで、流産するリスクを減らそうという事をする妊婦さんも多いです。世の中で有効とされている、流産の予防方法を知ることでリスクを最小限にまで抑えることができるので、その予防方法を知り対策をしましょう。

偶然起こる流産は子宮環境改善で予防

子宮は、胎児にとっては、重要な場所です。胎児が住む世界は子宮の中にしかないので、その子宮環境が非常に重要となってきます。生活環境が工場の煙などで汚染されれば、人の健康に害が及び、病気になることでしょう。それと同じように、子宮内に良くないものがあれば、胎児の健康にも害が及びます。ですから、子宮環境を整えてあげ、胎児がすくすくと成長できる環境作りをしましょう。

心掛けたい子宮環境改善の例

流産するリスクを100パーセントなくすことはできません。ですが、子宮環境改善などをすれば、流産のリスクを減らすことならできます。

子宮改善では具体的にどのような事をするべきですか?
子宮改善目的で妊婦さんがすることは、基本的に食事からしっかりと栄養を摂ることだといえるでしょう。胎児が成長する上で必要な栄養素を摂ることで、胎児が健康的に育つことができるのです。また、母体に必要とされている栄養素も摂るようにしましょう。摂取しておきたい栄養素は、イソフラボンや葉酸などです。また、ビタミンや鉄分なども摂取するようにすると良いでしょう。
食事改善の他に子宮環境をよくする方法があれば教えて下さい。
子宮内環境を良くする方法として、体を冷やさないように気をつけましょう。体が冷えてしまうと、血行の流れが悪くなります。そうなると、子宮へ十分に血液が行かなくなってしまうのです。血液は、栄養素を送る役割を担っているとされています。ですから、血流が悪くなるということは、必要な栄養素を子宮に送れなくなるということになるのです。体を冷やさないためにも、基礎体温を上げるなどして対策をしておくと良いでしょう。

子宮環境改善には必ず「葉酸」をプラスする

妊娠をする前に葉酸を摂取しておくと良いとされています。もし、妊娠を望んでいるのであれば、まず葉酸を常に摂取しておくことをおすすめします。といのも、妊娠はいつするか分からないからです。妊娠する前から葉酸を摂取していれば、流産のリスクを減らすことができるのです。葉酸は、DNAの正常化や卵子の若返り、精子の数や運動量などを向上させるとして有名な成分です。このことから、妊活を考えている人から注目されているのです。この葉酸を摂取するだけで流産の予防をすることができます。最近は、サプリメントとして市販されているため、入手するのも簡単です。

流産を繰り返さないための心構え

母体がどれだけ健康で、子育てするのにベストな状態だったとしても、流産することがあります。流産をする原因には、母体以外も大きく関わってくるのです。ですから、もし流産をしてしまったとしても、あまり自分を責め過ぎないようにしましょう。ずっと落ち込んでいると、次の妊娠に良い影響を与えません。次で出産までするためにも、葉酸などの栄養を摂ることや、中期以降から対策をすることで流産のリスクを減らしましょう。後ろ向きな気持ちで対策するよりも、前向きに対策をすることが大切です。そうすることで、悲しい出来事を避けることができます。

TOPボタン

Copyright©2017 不妊治療をすることでリスクを回避~多くの女性が経験する流産~ All Rights Reserved.